正常な抜け毛と異常な抜け毛の違い

毛髪には、ある程度の期間で抜け落ちるように毛周期というサイクルがあります。
そのサイクルが正常に機能している場合には、太く健康的な毛髪が抜けるように出来ていますが、AGAなどの症状が現れている場合には、細く弱々しい抜け毛が目立つようになってくるので、その違いに気がつくようになってきます。
その原因としては、ストレスや疲れなどにより頭皮への栄養不足などがありますが、最近増えてきているのが、男性型脱毛症であるAGAというものです。
AGAとは、男性ホルモンであるテストステロンが突然変異を起こしDHTと呼ばれる物質へ変化する事により、髪の毛の成長を阻害する働きを持つようになってしまう事により、髪の毛が成長する前に抜けるようになってしまう症状です。
しかし、最近では男性型脱毛症は治療により回復できるようになって来ています。
専門の医療機関で治療を受ける事により、抜け毛を減らし、健康的な発毛を促すようにする事ができるようになっているので、気になる場合には早めの受診が大切になってきます。早めの受診の理由とは、症状が出てから早いうちに治療を始める事により、早い段階で発毛効果を感じることが出来るようになるためです。症状が進んでからの治療となると、発毛の効果を得るまでに時間がかかってしまうので、早めのAGA治療が必要になるという事になります。