おまとめローンは返しやすい?返済額が減る?

おまとめローンで複数の借入先を一本化すると返しやすいとよく耳します。
これは数日に分散されて返済日を一日まとめたり、返済残金の管理がしやすいからという理由からくるものです。
しかし、中にはおまとめローンを利用すると毎月の返済額が減ると考えている方が多いようですね。
確かにおまとめローンを低金利で利用することができれば毎月の返済額は減るかもしれません。
ただ、中には「逆に返済額が増えてしまった」という方もいるんです。しかもおまとめ前よりも低金利で借り入れしているにも関わらず。
この落とし穴には「返済期間」が大きく関わっています。
簡単に言うと、低金利でおまとめ出来たとしても返済期間が延びてしまえばおまとめ前と変わらないもしくはそれ以上の金利を支払わなければならないのです。
例えば300万円・金利18%を5年間で返済した場合の総額は457万775円となります。
もしもこれが金利15%まで下がり、8年間で返済したとすると総額516万8200円と50万円以上も多く金利を支払うことになるのです。
このようにおまとめローンを利用したからといった必ずしも返済額が減るわけではないので、十分に理解した上でおまとめローンを利用しましょう。
参考:おまとめローンは評判・口コミで選ばない!最速借金完済のための一本化戦略論